協会活動



IPH工法の普及は人の命を守る大切な事業
日本は世界有数の地震国です。高度経済成長期に建設されたコンクリート構造物は経年劣化や小さな地震の積み重ねにより深刻なダメージを受けています。これらの社会的な重要な課題である既存構造物の再生延命を責務とし、研究と実験を進めてきました。地震が起きた時に備え、人々の生命と暮らしを守り、日本の資産を維持する一大プロジェクトを構築します。

震災や劣化の被害を未然に防ぐ新工法の全国普及
従来工法では補修・補強が不可能と思われる劣化状態の構造物においてもIPH工法を用いることにより、多くの構造物の再生が可能になりました。本工法は30年以上の耐久性を基本に考え、土木建築、建設コンサルタント等の企業が参加しており、コンクリート構造物の点検調査から資材の供給、補強、仕上げまで一括して受注できる体制を整えています。研修会を各地で開き、5,000人以上の施工技術者を養成し全国普及していく計画です。

事業概要
コンクリート構造物は高度成長期に建設されたものが多く、コンクリート構造物の劣化が深刻な社会問題となっています。このため、ライフサイクルコストの低減を図りながらのコンクリート構造物の長寿命化に資する革新的な技術・工法が望まれています。そのような中で、コア企業ではIPH(Inside Pressure Hardening)工法を開発し、実用化を推進しています。鉄道・地下構造物・マンション等の市場をターゲットとし、併せて橋梁・道路・港湾施設等も視野に入れながら事業の拡大を目指します。


I P H技術者講習会

IPH工法施工技術者講習会

日本を安全な国にするという目的を持ちIPH工法を全国への普及活動を通じ伝達しています。

外壁表面の補修では長寿化は成し得ません。人の手で作られたコンクリート構造物の内部を健全化出来るIPH工法(内圧充填接合補強)を知ってください。

IPH工法施工講習会講義の様子



コンクリート部材に極所の問題点がある場合、部分修復で可能ですが、部材の50%を超える領域に於いて欠損断面やひび割れの分布、浮き・漏水などが認められる場合は、部材全体に対処する、必要があるのです。

人が作った建物やコンクリート構造物を健全化し、人の命を守るというコンセプトを持つ事が大切です。

I P H工法技能士証 見本

TOP